人生2回目のオペラ鑑賞

2月にサンディエゴオペラの『リゴレット』公演を鑑賞した(そのときの投稿はこちら)。オペラ鑑賞は人生初だったのだが、これまで観た舞台芸術の中で一番感動したといって過言でなく、単純なわたしは今後もオペラを可能な限り鑑賞することを心に決めて、趣味に「オペラ鑑賞」を追加した。

今回は人生2回目。またもサンディエゴオペラ。演目は『カルメン』。

正直に言うと『リゴレット』を観たときほどの感動はなかったのだけど、2つのパフォーマンスを観たおかげで、自分が『リゴレット』のどこに惹かれたのかをちょっと語れるようになった。

『リゴレット』に惹かれた最大のポイントは、第3幕の有名な四重唱『美しい愛らしい娘よ』。

家の敷居の中にいる2人と、外にいる2人、つまり物語の中では互いにコミュニケーションを取る状況にない2組のやりとりを観客だけが同時に観られるのは映画などではなかなかない、舞台芸術ならではの演出のうえに、本来なら別々に会話をしているはずの2組のそれぞれのセリフ(歌)がどんどん重なり合ってテンポよく歌い上げていくまでの過程はオペラのことを何も知らなくても「これはすごい!」と鳥肌が立つほど圧巻であった。

もうひとつ惹かれたポイントは登場人物に感情移入しやすかったこと。

女好きのマントヴァ公は、確かに女好きでどうしようもない奴なんだけど、「ただ女の人が好きで仕方ない天然のおばかちゃん」のように描かれていたので可愛げがあるというか、本当には嫌いになれないし、そんなマントヴァ公に恋をするジルダはピュアでかわいらしい。観ているうちにキャラクターに理解なり共感なりを増していく作りになっていたので、その後の展開で「なんでそこでそんな行動を取るの!?」と興ざめすることがなかった。

どの『リゴレット』を観てもそうなのか、それともあのときのサンディエゴオペラの『リゴレット』がよかったのかをいつか知りたいところ。

『カルメン』はオペラとしての面白さはあったのだけど、鳥肌が立つような見せ場は今回は見つけられず、どの登場人物にもそこまで親近感を抱けなかった。だから、ほかの団体のもの、他のディレクター(や歌手)のものを観たらどう感じるかを知りたい。

というわけで、オペラ鑑賞にすっかりはまったことは変わらず。

歌、ダンス、演技、音楽(オーケストラ)、舞台装飾、衣装、すべての要素があって、それがまた細部まで綿密に、計算されて作り込まれていることがいいんだよなぁ。

好きなこと書きゃいいのに

ことの発端は、ある人の一言であった。

レストランで食事をする際に、出されたコーヒーカップが汚かったことを気にしたその人がカップを変えてくれと店員さんに言った。

わたしとしてはそれは何ら気にならないことなのだけど、問題はその後であった。

その人は「自分は本来はそんな小さなことは気にしないタイプなんだけど、自分がちゃんと(汚かったと)言ってあげることで、レストラン側が気をつけるようになって、自分のような嫌な思いを次の人がしなくて済むようにしたかったから、あえて言った」というようなことを言ったのだ。

何かがわたしのどこかに触れて、イラッときた。

細かなことを言うような器の小さな人とジャッジされたくないという思いがあって、その言い訳として「他の人に嫌な思いをさせたくないから」と言っているように聞こえたのだ。

汚いカップで飲むのは気分悪かったから。理由はそれだけで別にいいのに、と。

でも、これ、余計なお世話というか、要は自分にその部分があるから反応したのだってこともわかる。

で、そのあと、パカーンと来た。

このブログ、結局、「誰かの役に立つような内容を書かないと(価値がない)」と思ってる自分がどこかにいることに気づいた。

わたしが書きたいから書きたいことを書いている、理由はそれだけでいいのに、と。

いや、ブログだけじゃない。FacebookもInstagramも、投稿する前に「これって人に共有するのに値するか?」で自分をジャッジしている。

もちろん、自分が書きたいことを書いて、それが誰かの役に立つことが最終的には理想である。でも、まずは自分がそれを誰かに言いたい(書きたい)ってことを第一にしないと、自分が満たされていないことに気づかないで「あなたのために」と言いながら人に「してあげる」ことを押し付けてくる人たち(あ、書いちゃった)と一緒になっちゃう。

誰かのために、というのは、時として、自分のことを受け入れていない言い訳として使われる。何かを差し出すことで自分の存在価値があるようにしたいのだ。逆にいえば、何かを差し出さないと自分は存在価値がないと思っているってこと。

人によるんだろうけど、わたしの場合は「人のため」という言葉が出てきたときは要注意。わたしが「人のために」と言うときは、ただ自分を開く(さらけだす)ことが怖くて、人の目を気にする自分を正当化していることが多い。

まあ、さらけだして嫌な思いもしてきたから怖いのはしょうがない。けど、もう本当はさらけだして嫌な思いすることより、さらけださないで生きることのほうが嫌でもあるのだ。

自分がよろこんでいる状態で、そのよろこびを恐れなく人と共有できて、自然と波及していくのが理想だな。常に自分で在る、というのは難しいね。でも、それをめざす日々は楽しい。

流していない涙

日本を離れて暮らしているために日本の物事に焦がれることはよくあるが、自然についていうと、春の桜と夏の蝉時雨がとりわけ恋しい。

今ぐらいの時期になると日本に暮らす友だちのFacebook投稿に桜がちらほら表れはじめて、わたしはひっそりとバーチャルに花見を楽しんでいる。

日本に帰って実際に花見をしたいなぁと思うこともあるのだが、一方で、桜を愛でることを考えるだけで胸が痛くもなる。夫と一緒に見た桜の思い出がたくさん出てくることだろうと想像すると、実際に桜を見られるような状況になくてよかったと思うのだ。

こういう風に文章で思い出す分にはいいのだけど、本当の風景の中に置かれたときに蘇る記憶は7年経った今でも生々しくて、瞬時に「あのとき」に意識が戻ってしまう。別に戻ってもいいのだけど、痛いのは嫌。

そう思うと、悲しさとか、寂しさの前には、きっと「痛み」があるんだな。それが言葉に置き換えられるレベルまで昇華すると、寂しいとか、腹が立つとかになるんだろう。

今でも、わたしの中にはきっと流していない涙があるんだろうと思う。まだ表に出せない痛み。それをどこかのタイミングで流す日が来るのかもしれない。来ないのかもしれない。

どっちでもいいな。痛みがあるからってしあわせでないわけじゃないし、しあわせになるためには痛みがあっちゃいけないわけじゃない。わたしが体験から感じたことはどんなものであれわたしの意識の層に織り込まれて、わたしを構成する成分になる、それだけのことのように思うのだ。

ことばの重要性

前回書いたことの続き。「すべてはエネルギーである」という、わかっているつもりだったけど、その実、あんまりわかっていなかった言葉を、「すべては振動している」に置き換えたらするすると理解度が深まったことに、いまも興奮している。

「すべては振動している」と考えると、これまで精神世界の話でよく言われていたことがもっと具体的なイメージとして納得できるようになる。

たとえば、心の中の思いや考え、感情というのにも、それぞれの振動がある。一方で、体の外に出す言葉(声にしても文字にしても)にもそれぞれの振動がある。嫌いと感じているのに、好きという言葉を発すると、内側の振動と外側の振動が一致しなくて、脳が混乱する。これを続けていると心身のバランスを崩すんだろう。

自然から離れるほど人間は病気になる、というのは医学の父と言われるヒポクラテスの名言として知られるが、これも「すべては振動している」で考えたらクリアになった。

というのも、人間の肉体は地球由来のものだから、基本的には肉体は地球(自然)の振動と近いはずなのだ。自然にない振動の影響を多少受けても、時々、自然に返れば自然の振動と共振して、もとの地球由来の振動に戻れる。けれども、あまりに地球の自然から遠のくと自力で自然の振動に戻れなくなる。そうすると心身の不調和が起こるっていうことだろう。

話は急に変わるけれど、こういう風に言葉を置き換えるだけで目から鱗が落ちることはたくさんある。だから、職業的な物書きがいるのだろうし、自分はそういう風にわからないことを言葉に置き換えて理解していくことが好きなんだなぁと改めて気付いた。自分が理解したことは、人に伝えることができるものね。

すべては振動している

友人がFacebookで、辻麻里子さんの遺作『藍の書』が発売されたことをシェアして、気になって速攻Amazon.co.jpで買ってしまった。

辻さんのその他の著書『22を超えてゆけ』などは元Happyちゃんことさちまるさんや友人たちのシェアで見かけたことはあったけど、その時は全然ピンとこなくて検索もしなかった。でも、自分のタイミングが来たのだろう。今回は気になりまくって、結果的にAmazon.co.jpでKindle版のUnlimited(読み放題)で読める辻さんの著書『22を超えてゆけ』『宇宙の羅針盤 上・下』を全部購読して、さっそく読みはじめて興奮中。

内容的にはちょっと難しいので「理解しようとしながら」読むとすぐに疲れてしまって休んじゃうのだけど、休んでいる間も気になって読みたくなる。で、また読むんだけどやっぱり眠たくなる、ということを繰り返す本は、ずいぶん前にはまった『奇跡のコース』(※私は後々に日本語版が出版される前、田中百合子さん訳で読んだ)や、いまも好きなアリス・ベイリーの秘教系の本、そしてパラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』以来だ。

今は『宇宙の羅針盤 上』を読み途中で、まだ読み終えていないのだけど、改めて大きく納得ができて自ら使える知恵として理解を進められたポイントが早くもひとつある。

それは、すべては振動しているということ。

あ、いまさら、そこ(笑)。

でも、たとえば「1」という数字にも特定の振動があるというのは、知識として知っていたつもりでも、知恵として使いこなせるレベルでは納得していなかったんだと思う。

かつてサヴァン症候群でアスペルガー症候群であるダニエル・タメットさんが、自身の著書『ぼくには数字が風景に見える』で、数字にはそれぞれの色があるから、違う色で表記されていると混乱するというようなことを書いていた。これもきっと、その数字の振動を色に置き換えたらこれになるというのがあるんだろうと理解したことを、改めて思い出した。

これでいうと石などに癒しのパワーがあることもなんら違和感ない。「癒しのパワー」とか言うから怪しくなるけれど、その鉱物が持つ特定の振動を、自分の体に近づけることで共振させて、その振動を自分に取り込むってだけのこと。

図形もまた然り。音楽ももちろんそう。

要するにすべては特定の振動を持っていて、それぞれ振動の幅や長さが違う。自分や環境を整えるのに必要な振動を自分に取り込んでいけばいいのだ。取り込むというのはつまり共振させればいい。

そういうのをまとめてスピリチュアル界隈では「波動を上げる」と言ったりするんだと思うけど、ずいぶんざっくりしていたから、これまでは疑いはしなくても理解としてはかなり感覚的だったんだな。辻さんの本を読んだらそれが左脳の知識と結びついた。

宇宙意識からのメッセージとかも、その発信元がスピリットだとか言うとイメージとして描きにくいんだけど、我々の目には見えないなんらかの特殊な振動がそこに発生していて、それを人によっては言葉に、人によっては映像に、人によっては色に置き換えて感知しているんだろうね。ただ、振動の形が違いすぎると感知さえできないってことだろう。

知識と感覚が結びつくと、意図を明確にして意識的にそのツールを使いこなせるようになる。感覚だけでは手探りで効果的に使えないし、知識だけだと使い方がわからないのだ。これからは知識と感覚を結びつけて、知性と感性の両方を駆使していくことが求めらていると思う。

このわたしの気づきで、わたしの振動はちょっと変わったから、きっと地球もちょっと変わる。風が吹けば桶屋が儲かる。すべてはつながっている。

大きな流れは小さな風穴から

ほんとうにまあ、ぼんやりしていると、だいたいうっかり自分を見失っている。

この1週間ほど、元気はなくはないけど、なんとなく自分の中心に自分がいないというか、スカッとしないモヤモヤがあった。心の声をいろいろ聞くのだけど、やりたいことが出てこない。出てこないのでなんとなく流されていると不満はないけど、自分と繋がっているときの、明晰な、スカッとした、あの感覚がなくてちょっと苦しい…。

で、「やりたいことが出てこない」というのはわたしにはちょっとした黄色信号なのだ。これって、知らぬところで自分が拗ねはじめたときなの。心の声を聞く→それを行動にする、ということを両方していない、もしくはどちらか片方だけでもしないことが続いているという合図なのだ。「どうせやりたいって言ってもやらないじゃん」と。

こういうときは、もう「やりたいこと」を出すことは難しいので、「やりたくないこと」をあぶりだすことにしている。

もちろん、ずっと「やりたくないこと」について考えていたら、そっちにフォーカスがいってしまうので、「やりたくないこと」が出てきたら、じゃあ、「それについてはどうしたいか?」を考える。漠然と「何がやりたいか」だと出てこなくても、「これはいやだ」とポイントが出てくれば、「そのポイントについてはこうしたい」という具体的な欲求が出てきやすい。

今回は工事中のキッチンがブレイクスルーのポイントとなった。キッチンが思うように使えないからこのところ買ってきた総菜や外食が続いていたのだけど、もう飽きて嫌だと思っているのに「工事中だから仕方ない」ってあんまり何も考えずに続けていたことに気がついた。もうさすがに外食も総菜も嫌だ。

じゃあ、どうしたい? うーん、とはいえキッチンが万全な状態じゃないから手の込んだ料理を作るのは嫌だ。洗い物もままならないし。でも、オーブンを使った野菜のローストとか、刺身を買って来るとか、手間のかからない料理ならできるし、それは気分が晴れそう。

というわけで、それを実行したら、本当に不思議なんだけど、それだけでモヤモヤが少しずつ晴れていくんですねぇ。

小さな扉が開けばしめたもの。そこからはまた流れに乗っていきやすい。

大きな流れは小さな風穴から始まる。大きな物事を動かしたくてにっちもさっちもいかないときほど、小さなことを見逃していないか、確認するようにしようと改めて思った。

全然ときめいている物に囲まれていなかった話

ちまたで話題のコンマリ・メソッドでクローゼットを整理した。「ときめく」か、「ときめかない」かだけで仕分けしていき、ときめかないものはさようならするというシンプルな作業なのだが、なんとクローゼットの半分くらいの服とさようならすることになった。

これまでこんなにもときめかない服に埋もれていたとは! その自覚がなかったことに驚くし、がっかりもした。かなり日常のさまざまなことを見直していたつもりだが灯台下暗し…。

実際の作業はただひたすら「ときめく」か、「ときめかない」か、で感覚的に進めていったのだけど、終わってから考えてみると、さようならすることになった服たちと手元に残すことになった服たちには一定の法則があることがわかった。

いずれの服も「衝動買い」で買ったものがかなりあるけれど、さようならする服の場合は、まずだいたい試着しないで買っていた。衝動買いだったけど残すことになった服は全部確実に試着していて、試着した上で「これだ!」となったものであった。

また、衝動買いでなく買ったものはほとんどさようならする服に含まれていた。わたしが衝動買いでなく服を買うのは、だいたいパーティーがあるとか、特別なイベントの前に必要に迫られて買ったものだ。

さようならしたものの中にはこの2、3年に買ったばかりの物も結構あって反省した。今後はこんな無駄なことをしないよう、その物に本当にときめいたから買いたいのか、ただの渇望感でなんでも買いたい気持ちになっているだけなのか、そもそも買うときにもう少し確認するようにしようと思う。そして、試着は必須。人間だってハグしたらすぐにぴったりくるかわかるもの、洋服も同じだ。

空いたクローゼットを埋めるためにさっそくショッピングに出かけたけれども、ときめくものはビーチサンダルだけだった。

本当にときめくものだけに囲まれるように、日々、こつこつと吟味して整理整頓していったら、自分のいる場所は今とは変わるような気がする。「いる場所」というのは、物理的な意味はなく比喩的な表現ですが。