いつ、なんで、そう決めたっけ?

髪をカラーリングした。よくよく考えてみたら10年近くぶりであった。なんで10年もカラーリングしなかったかというと、その当時、わたしは自然回帰を志向していたからだ。髪を染めるなんて不自然だし、カラー剤が皮膚吸収されて体に悪そうだし、ナチュラリストとして、本来自分が持って生まれた髪の色を大事にすると決めたのだ。

しかし、その後10年間ずっと同じような熱意を持って「カラーリングはしない」と意識していたわけじゃない。ただ、カラーリングをしないことが習慣になって、ありがたいことに白髪もなく、特に必要に迫られることもなかったので、いつしかカラーをするという選択肢があることを忘れてしまっていただけだ。

今回、仕事で体験取材をする必要があり、カラーリングを提案されて、ああ、そうだ、そういう選択も美容院にはあったのだと思い出した。心がときめいたので快諾して、結果、10年ぶりに髪を染めた。

鏡の中にうつる髪を染めた自分に、常に髪をカラーリングしていたかつての自分が重なって、いろんな思い出が蘇った。さまざまな気持ちも出てきた。

髪型を変えるのってすごく不思議な行為だ。どこかセラピーのようだった。

「カラーリングをしない」というのも、そのときは自分にしっくりくる決意だった。ただ、いつなんで決意したかはそのうち忘れられて、単なる習慣として続けているだけのことになっていた。そういうことって他にもきっとたくさんあって、そういうひとつひとつを意識的に見直していくと自分から出てくるパワーみたいなものが格段に上がる。

特に40代になると、そこそこいろいろな体験を経て、さまざまな物事に対して「わたしはこれ」とどこかの段階で決めていることが多い。見方によっては自分の軸があっていいと言えるのかもしれない。けれど、その軸は本当に”今の自分”に即した軸なのかを問う余白は持っていたい。

今の自分に即した軸かどうか? 自分で自分を客観視するのはなかなか難しいから、やはり時々、他人の意見を聞くのはいい。その意見を聞き入れるか、入れないかは、あくまで自分の選択でいい。ただ、他人に聞いてみないと見えてこない視点(選択肢)があるということには心を開いておこうと改めて思った。

本『先生、ちょっと人生相談、いいですか』

 

作家・僧侶の瀬戸内寂聴さんと詩人・伊藤比呂美さんの対談本『先生、ちょっと人生相談、いいですか』を読み始めたら、いやー、愉快・痛快。ページをめくる手が止まらなくて一気に読み終えてしまった。

本は、比呂美さんが、自身のことや、また相談を受けることの多い悩みの内容についてや、寂聴さんのこれまでのこと、年を重ねることや死についてなど、さまざまな問いかけを寂聴さんにしているのだが、「わー、そんなこと聞いちゃうの!?」という質問も多ければ、「えー、そんなことまで喋っちゃうの!?」という回答ばかりだわで、いい意味で、人生の達人の”ガールズトーク”を聞いているような楽しさがあった。

読んでいると、寂聴さんは、「自分の欲求をちゃんと聞く」→「それを自分で叶えてあげる」という、しあわせであるための基本的なことをちゃんとやっている方なのだとわかる。

たとえば、94歳で心臓のカテーテルの手術をしたときは、さすがに鬱になりそうだったが、だからこそ「自分は今、何をしたら一番幸せな気分になれるかを一所懸命考えた」と言う。

寂聴さんにとって一番幸せなのは自分の本が出ること。でも、そのときは本を出すような作品がなかったので、どうしたらいいか考えているうちに昔から俳句を書きためていたことを思い出したそう。それらを寂聴さんが本にしたいといえば出版社は断れないだろうが、俳句のプロではないのでさすがに悪いと思って自費出版で本にしたところ、急に元気が出てきたと。

自費出版は高くついたけれど、めっぽう評判がよくて重版になった上、俳句の賞までもらったというから、すごい。

自分の中に、あれはダメ、これはダメ、こうすべきだ、こうあるべきだ、こうしなきゃ、というルールが多い人は、この本を読んだら不愉快になりそう。なんたってお二人の話はあけすけで、課すことから解き放たれた自由さがあるから。

また、きっと、男性が読んでもピンとこない気がする。やっぱり、これはガールズトークなんだな。

逆にわたしと同世代ぐらいの女性で、生き方について考えるのが好きな人や、不満はないけどなんとなくこの先が不安という人、実際にいろいろ悩みがある人には心を晴らしてくれる一冊ではないかと思う。

わたし自身は、読後「40代半ばなんてめっちゃ若いじゃん。女盛りじゃん♡」と意識が変わって、パワーがみなぎって、ニヤニヤが止まらなかった。ありがとう、寂聴さん、比呂美さん。

進化とか成長とか

元Happyちゃん(って元プリンスみたい)こと、 Sachi。(さちまる)さんは、世界はエネルギーであるってことや、自分が世界であるっていうことを、体感として気付くための実践方法を教えてくれた人だ。

彼女の活動内容がどんどん変わってきている現在でも、私はInstagramなどでその動向を常にチェックしている。特に今、彼女は私にとっては身近なお隣の都市、ロサンゼルスに短期ダンス留学をしているので、海外在住日本人としては、彼女が海外で、西海岸で、どんな人やものごとと出会い、何をどう感じるのかをリアルタイムで共有してくれるのが面白い。

そんな彼女のInstagramでは、今朝、3週間前のダンスクラスの状況と今のダンス動画が投稿されていた。

それを見た、私の最初の正直な感想は、「うまくなった、けど、やっぱりまだまだできていないこともいっぱいだわね」。

ははは、何様だっていう話だ。でも、そう思ってしまったのだから、正直に告白したまでである。

しかしである。その後、他の人の投稿を見ているうちに、ふと、また気になって彼女の投稿に戻りたくなったのである。たぶん、私の中の私がそうさせたのだと今はわかる。

もう一回見ても感想は変わらなかったんだけど、今回はその投稿についているコメントに目がいった。そこで衝撃を受けた。みんな、あれができるようになっている、これができるようになっている、と、ちゃんと「できるようになったこと」を褒めていたのだ。

つまり、私は、「できるようになったこと」に全然目を向けていないのだと気付いたということ。

これは彼女に対してのように見えて、その実、自分に対してそうだってことなのだ。

人は鏡だっていうけど、その人はその人としてあるだけ。その人をどう見るか、その見方のベースにあるのは自分の思考だということだ。その思考がある限り、誰に対しても同じことを感じる。誰に対してもっていうのはもちろん自分に対してもだ。

それで、そういえば、サーフィンも、「まだあれができない」「まだこれができない」って、できていないことにフォーカスしているなぁと気付かされた。

できるようになったこともいっぱいあるのにね。

そもそも、何かできなかったことができるようになったことを進化とか成長とか言うけれど、はたしてそうなのかっていうことさえ怪しい。

できないことが、できるようになった、という結果よりも、できるようになりたいと思って生きる、その過程を続けることが人生と言ってもいいのかもしれないとも思う。

そしたら、できていないことについていちいちがっかりしないどころか、できるようになったことにさえとらわれなくなって、心はどんどん自由になるね。