7.31.2019

いまシャッターを切りたい!と思う瞬間が変わってきた。というより、この数年間、「これはブログのネタになりそうだ」とか「インスタ映えしそうだ」とか「これを撮っておいたらいつか仕事で使えそうだ」とか、自分の中から湧き出る以外の動機で写真を撮ってきたことに気がついた。

きっかけは子犬。もう一匹の大型犬と比べれば格段に小さいので見落としがちだが、抱き上げると1カ月半前に抱っこして家に連れてきたときよりずっと大きくなっていることがわかる。写真を比べると顔つきも違う。ああ、この、消えていく瞬間を残しておきたい。子どもを持って写真に目覚めるお父さんお母さんをたくさん見てきたが、こういうことか。

死別した前夫と暮らしていたときは、毎日そのような気持ちでたくさん写真を撮っていたことを思い出した。彼は憧れの人だったから、そんな人と暮らせることがうれしかったし、彼の病気がわかっていたのでこの日々はそう長く続かないかもしれないという気持ちもあって、どんな瞬間も忘れたくなくてシャッターを切りまくっていた。誰のためでもない自分のための写真。

そういう写真は、あとから見たとき、心に迫る。どんな心境でどんな心持ちで撮ったかが蘇る。ブログのためとか、インスタに映えそうとか、仕事に役立つかもとかいう理由で撮った写真にはこれはない。

わたしは写真が好きだったはずなのに、ここ数年はどうもそれほど気乗りしなかったのは、他人に見せるためにきれいな写真を撮ろうとしすぎていたからかもしれない。自分の心が喜ぶ写真を撮ろう。突然、そう決めた7月最後の1日。

7.30.2019

アメリカでは個人間でお金のやりとりをするときに、スマホアプリ「Venmo」をみんな使っているといって過言でない。ランチや飲み会で大人数で精算するときに便利なのでぜひアカウントを作ってくれと会社の仲間に再三言われてきたのだが、銀行口座やクレジットカード情報を登録するような新しい形態のサービスということで安全性に不安があってずっと避けてきた。けれど、このたびいろいろあって意を決して登録した。

いざ使ってみるとこれまた便利で、なぜいままで頑なに拒んできたんだろうと思ってしまう。年を取るってこういうことだな。新しいものに対しての拒絶反応が強い。「安全性に不安がある」なんて理由をつけているけれど、それが本当の理由なら具体的に不安要素を洗い出して調べればいいのに、それをやっていないわけだから、要するに「知らないものだから、わからないから、怖い」というだけだったりするのだ。

気づけば現金が財布に入っていることはほとんどない生活をしている。かつては現金という「物」で見ないで数字だけのやりとりになると実感が伴わなくなってよろしくないなどと思っていた時代もあった。けれど、別に現金を使わなくなっても散財していないし自分の金銭感覚が狂ったとも思えない。あれも理由のない、新しいことへの恐れだったんじゃないかな。

挑戦というと大きな物事のようなイメージがあるけれど、こういう新しいことを受け入れてみるのもこの年齢では挑戦であるのだ。わたしはまだまだ挑戦できる。伸びしろもある。急にそんなことを思って見上げた空。雲が踊っているようだった。

何を選んでも間違いはない

川尻先生にホリスティックな視点で見る健康についていろいろ聞いてみるブログ、「川尻先生!ホリスティックヘルスって何ですか?」を更新しました。

第8回:脳のプロセスが間違うことはあるの?

川尻先生はこのブログで当初から、全ての症状、病気は、インプットを脳がプロセスした結果のアウトプットであると解説しています。

インプットというのは、生物学的、心理的、社会的な3つのジャンルがあって、どのインプットも同様に等しく、アウトプットを変えうるインパクトを持っているというのが第7回の話でした。

わたしはセラピストの資格を取ったくらいなので、体へのアプローチだけが大事なわけじゃないということはわかっていて、先生の話を聞くうちにアウトプットを変えたかったらインプットにアプローチすることが大事だということに対しても理解が深まってきました。が、その中で生まれた疑問が、インプットとアウトプットの間、つまり脳がプロセスする過程で問題が起こることはないのか、ということです。

第8回では、そのわたしの疑問について回答してくださいました。

最終的に先生がお話してくれたのは、「何を選んでも、どんな結果でも、『いまこの状態がベスト』と決める」ことの大切さ。これは、ちょっと前に、本田建さんの本を読んでわたしが気付いてこのブログで書いたことと似ていたので、ちょっとうれしくなりました。

直感を信頼するってこういうことか

直感を信じることの効果

何を選んでも間違いはない。いつだって最高のことが起こっている。そう信じるというより、そう決めてしまう。それが「前提を変える」ということ。前提が変わると見えることが変わってきて、つまりはインプットが変わって、アウトプットが変わってくるというのはわたしも実感しているところです。

今回はどちらかというと現時点ではそんなに症状や病気のない人に向けた内容となりましたが、次回は実際に不調を感じている人へのアドバイスも含まれる予定です。

更新頻度が低いのですが、気持ち込めて書いていますので、ぜひ時々のぞいてください!

マイナーがいい

サーフィンはずっとこのまま、マイナーなスポーツでいいんだ、ということが突然、自分の中で納得いった。

もともと、ぜひいろんな人にやってほしいとか、多くの人に広めたいとか、意識して思ってきたことはないけれど、サーフィン業界がジリ貧で縮小していってもいいのだろうかという問いはいつもあって、「オリンピックを機にサーフィンが盛り上がるといいですね!」なんて人に言われようなものなら、「ああ、そうですね」と自分の本心はよくわからないまま、同意してきてしまった。

一方で、サーフィンって自然相手のスポーツで、ナチュラルなように語られるけれど、その実、サーフボードのウレタンフォームは自然じゃないし、ワックスを使えばそれも自然じゃないし、現代サーフィンにおいて使われる道具は全然サステイナブルじゃないということもジレンマだった。

その日、心の声が急に言ってきたことは、こんなこと。

「いまくらいのサーファー人口なら地球は対応ができるのだ。でも、ブームになってたくさんの人がやりはじめて、そのブームにかこつけて消費産業が活発になると自然の自浄能力を超える」。

ああ、そうか。現状、道具はサステイナブルじゃないけれど、競技人口が多くなければそこまでひどいことにはならないというのは、自分に都合がいい解釈だけど、まあ、わからなくない。

ロングボード界のレジェンド、ジョエル・チューダーは「サーフィンはマイナーのままでいい」とよく語っている。彼の真意はわからないけれど、わたしもマイナーのままでいいということに自分の心が定まり、ちょっとすっきりした。

わたしは、北カリフォルニアの聖山と言われるシャスタが大好きで、そこに通いたくてカリフォルニアを移住の地に選んだくらいなのだが、シャスタもセドナなどに比べるとアクセスが良いとは言えず、それが観光客が一定以上増えない理由になっている。でも、それで、いいんだ。

そして、1年くらい前に受け取ったメッセージのことも思い出した。

それは、「いま、宇宙が地球に求めているのは、小さなグループのマイナーなリーダーだ」という内容だった。

世論を変える、影響力の大きすぎるメジャーなリーダーが現れると、その変化が実際に地球の未来のためにいいことだったとしても、旧勢力につぶされやすい。けれど、小さなコミュニティーのあちこちで同時多発的にマイナーリーダーが現れる場合、ひとつひとつは小さいもんんだから旧勢力から見つけにくいし、影響力もその小さなコミュニティーに限定されるとなるとつぶしにくいのだ。

だから、どうしたっていう話だけど、自分がすっきり腑に落ちたので記録した。マイナーのススメ。そもそもメジャーになることをよしとする、メジャーになれば何かできる、という発想自体がもう古い世界のものなんだろうね。

エネルギーで見る選挙

忙しくて川尻先生のブログのほうが全然アップデートできていないのだが、溜め込んでいるだけで先生との取材は定期的にしている。

先生と話すと気づきがいっぱいで、いつも大事なことを思い出せる。この間会ったときは宝くじの話が面白かった。

人生で一度も宝くじを買ったことがない先生が、どこかの店で別の買い物をしていたとき、宝くじの当せん総額が上がっているという店内のチラシを見て「ふと」買いたいと思って、一枚買ったそうだ。

当せん発表は翌日。「もしかして当たった?」と聞いたら、「当たらん」と苦笑い。でも、「そこや」と先生。「みんな、当たったか、当たらなかったかを気にするやん? でも当たらなかったなら買わなくてもよかったってことではないねん。ふと買いたいと思った、その欲求を満たした、そこが大事だし、それでもうオーケーやねん」。

ああ、そうだった。我々はAという行動をしたら、Bという結果になるといいと期待する。Bという結果にならなかったら「Aをした意味がなかったんじゃないか」と疑い、「Aをした意味はこうだ」と何かしら理由を見つけて自分なりに納得する。けれど、そうじゃなくていい。

そもそもAをしたいのか、否か、それが全て。Aをしたかったのだとしたら、そのしたいことをした、という時点で花マル。したいことした、といういいエネルギーを出したことが、大事だし、もっと言えばそれが結果だ。

逆に言うと、したいことをしたのに「してよかったのかな」と考えてしまうのはもったいない。せっかく望むことをしたのに、いいエネルギーを出せなくなっちゃう。だから、「やりたいことした自分、えらい」と声をかけてあげるといい。したいことをした結果、当たらなかったということで、しても意味がなかったなんて思うのはエネルギーの高揚を落とすだけだ。

そういう視点で見ていくと、この度の日本の選挙も、結果そのものより、選挙期間のみんなのエネルギーというものに意味があったのではと考えることができなくもない。だから、結果について云々と語り合って、「結局政治は変えられない」などと思うより、自分がどういうエネルギーであったか、そしてこの先、どういうエネルギーであるか、で政治というものにかかわる視点を持ってみる。

これは政治だけでなくて仕事とか日常生活の全てのことにおいて言える。自分がいまどういうエネルギーかに注意する。エネルギーに良い悪いはないから、たとえば怒りのような、一見ネガティブなエネルギーであったもいい。それを自覚して「怒っている」とちゃんと受け入れたらその時点でそのエネルギーは平穏な状態になる。要は自分の中にバトルがあるかないか、なのだ。

犬はそのエネルギーにすごく敏感だなぁと最近つくづく思う。ペットに癒されるのって、ペットのおかげで自分のエネルギーに敏感になるからかもしれないなぁという仮説まで生まれたのであった。

無条件の愛

日曜日の午後、我が家の仔犬ユパと、新しく迎え入れたラブラドールのエリーを、ドッグパークへ連れ出した。

パークの駐車場に着くと、それまでめっぽうおとなしかったエリーがそわそわしはじめて、キュンキュン鳴きだした。我々はエリーのもともとの飼い主についてどこにいた人かなどまったく知らないのだが、おそらく前に来たことがあるんだろうと思った。

日本でお父さんと暮らしているラブラドール、オセロも、懐かしい場所に行ったとき、こんな風になるんだろうか、とふと考えた。

夫とわたしとはよく行っていたけれど、お父さんとは行かない場所というのがきっとあるはずだ。昔行ったことがあって最近行っていない場所に連れて行ったら、どんな反応をするんだろうか。

ユパを迎え入れたときは、仔犬だし、犬種もぜんぜんちがうしで、オセロを思い出したり比べたりすることはさほどなかった。けれど、エリーが来たらさすがに一挙手一投足にオセロが思い出される。

人が大好きで人の後をついてまわるのはラブラドールの特性なのかな。なにか要求があるとき、吠えることはしないかわりに、わたしのところににじりよって座り、じっと見て、それでも気づかないと「お手」のように手を出してくるところも同じだ。

エリーのもと飼い主は、手放したくて彼女を手放したわけではなかったと聞いている。ネイビーに務めるご主人の日本駐在が突如決まって、犬も日本に連れて行くつもりだったが、なにせ手続きが大変で、幼い子もいててんてこまいで、犬の手続きは義理の家族にお願いして、後からやってもらうつもりで日本に発ったとのこと。しかし、義理の家族はそもそも家を売って世界一周旅行に出る予定を立てていた。犬を日本に送る手続きをがんばってやりはしたが、想像以上に時間がかかってしまい、旅行出発の予定日までに終えることができず、「もう無理だ」と手放すことになったらしい。

これだけ聞くと義理の家族、もうちょっとがんばってよ…と思ってしまうが、実際アメリカから日本に犬を送るのは大変で(日本からアメリカはまだマシ)、しかも義理の家族にしてみたら自分たちが望んで飼った犬でもないわけで、そこまでの時間や労力を割くだけの思いはなかったということだろう…。

とはいえ、エリーを見ていると、家があり、かわいがってくれる人がいて、ごはんが食べられ、散歩ができたら、飼い主が誰であってもしあわせそうである。前の家と比べてどう思っているかは聞きようがなく、あくまでもわたしはそう感じるというだけだけど、ここ数日で「そうか、わたしは今後はこの群れで生きるのね」と認めて、とっとと受け入れ、そそくさとなじんだように見える。

そういえば夫が亡くなった後のオセロも、行動が少し変わったことを思い出した。家族の序列が変わったことを受け入れたんだとそのときわたしは感じた。

犬って現実的で、力強いな。動物はみんなそうか。わたしに足りないのは、そのプリミティブな生きる力だなぁなんて思う。

たぶんこれから、わたしは犬にいろんなことを学ばせてもらうのだ。思い通りにならない、なのに世話しなきゃいけない相手と生きていくことで、わたしは無条件の愛というものを学ばさせられる気がしている。

ラブラドールが我が家にやって来た

人生を変える1日は突然やってくる。そう書くと大げさだけど、でも、わたしは土曜日の朝、起きて、1カ月前に家にやってきた仔犬の2回目の予防接種を受けに行って帰ってくるまで、人生で2匹の犬を同時に飼うことになるとは思ってもみなかった。しかし、その日の午後に5歳のラブラドールのメスが家にやってくることになって突然、2匹の犬のオーナーになった。

フルタイムで仕事を持つわたしたち。ランチタイムには会社が近い相方が帰ってきてくれるけれど、やっぱり仔犬を一人にしておく時間が長いのはかわいそうであろうというのは我々のここ最近の議題であった。2匹いれば仔犬の「一人で何にもすることない」ストレスが減るのではないかと。

しかし、前述したようにフルタイムで仕事をしている我々が仔犬を2匹同時に育てるのはとても無理があるから、いまの仔犬がある程度大きくなってからもう1匹を検討するのが現実的ではないかとわたしは提案していた。しかし、課題は、いま幼い仔犬が一人でいることだから、仔犬が大きくなってからでは2匹飼う理由がもうないと相方。それもそうだわねぇと議論が袋小路に陥っていたところに、飼い主が転勤により泣く泣く手放すことになり、新しい里親を探しているラブラドールがいるという情報が入ってきたのだ。

見に行ってみるだけ…と言いながら、我々は、即決して連れて帰ってこられるように車の荷物をどかしてスペースをあけて、仔犬も連れて見に行った。

レスキューの人の家に預けられていたその子はわたしと目があったとたん、撫でられるために近づいてきて、その瞬間、ああああああ、この子を置いていくなんてできない、となってしまった。

ものすごく聞き分けのいい子であることはすぐわかり、彼女がうちの仔犬とうまくやれないことはないだろうが、逆に仔犬のほうは嫌がる可能性があるので、とりあえずお試し外泊でもいいと言ってもらって連れて帰ってきた。

最初は仔犬が自分のテリトリーと思っているところに彼女が侵入すると仔犬がけたたましく吠えたが、なにせ5歳で大人な彼女は仔犬を過剰に刺激することなく、ほどよい距離感で、吠えられながらもぐっと我慢してくれ、一晩寝たら、仔犬のほうは彼女のことが好きになったみたいで、仔犬が彼女の後を追っかけ回して、うっとおしがられているくらいに立場が逆転していた。

仔犬を育てるにあたっては、大人の犬がいるほうがいいというのは、シェルター(保護施設)の人に言われたことだけど、この2日間で早くもそれを実感している。

仔犬が「遊んで遊んで」とねだって鳴いても、ラブラドールは完全無視(笑)。すると、仔犬はおとなしくなって、鳴いても遊んでもらえないのだと学ぶ。ラブラドールはいい子なので仔犬が多少ちょっかいを出したくらいでは怒ったりしないが、やりすぎになるとガルルと一喝。すると仔犬はここまでやるとやりすぎなのだと学ぶ。わたしたちだったら「何かわたしたちがやり足りていないのかもしれない」と罪悪感を抱いてついかまってしまいそうな状況だが、犬同士のやりとりを見ていると、ああ、ハイパーすぎるときは放っておいていいんだとわたしたちも学ぶ。

ブラドールの寝姿を見ていると、日本で義理のお父さんと暮らしているラブラドールを思い出し、比べてしまって、彼が恋しくなるのだけど、でも一方で、家族を持つという(まあ、犬だけど)、亡夫と果たせなかった夢を、7年経って改めて現実化していっているということがうれしくもある。新しく来たもう1匹というのが日本にいるラブラドールであったら最高だったけど、それはもう諦めよう。自己満足でしかないけれど、2匹を責任持ってかわいがることで自分を納得させようと思う。