11.14.2019

亡くなった夫がまだ元気で、わたしの夫ではまだなくて、1年ほど音信を絶っていて再会した直後に、テリー・ギリアム監督『Dr. パルナサスの鏡』を一緒に見に行った。

確か六本木の映画館で、映画の後に、海南鶏飯食堂で海南チキンライスを食べた。食べながら、彼は「映画を見ながら、君の頭の中はこんなんなんだろうなって思った」と言った。

ああ、なんで、この人にはわかってしまうのだろう! なんでこの人はわかってくれるのだろう! と大感動したことが、また彼と連絡を取り合う直接のきっかけになったのだが、とにかくそうなのだ、わたしの頭の中はこんなんなのです。

このたび、アーティスト、スーザン・ウィックストランドのコラージュアートと出会って、彼女からコラージュ&ミックスメディアの手法を習うことができて、何がうれしいって、コラージュ(&ミックスメディア)という手法なら、わたしの頭の中にある世界を、わたし自身でアウトプットできると気づけたことだ。言葉を尽くしても伝えられなかったこと、でも絵では描けないし、写真でもうまく撮れないし、イラストレーターでもうまくレイアウトできなかったことが、コラージュならできる!!!

この先のことはわからないけれど、いまのところ、わたしの制作手法は、コラージュのマテリアルが先にあって、それらを組み合わせて作っていくというより、既にある程度完成像のイメージが頭にあって、それを実現できるマテリアルを探して組み合わせていくというパターンで、これが本当に面白い。言葉を喋れるようになって、感情を訴えられるようになった赤ちゃんってこんな気持ちなんじゃないだろうか。

しかも、きっと、「やるならプロレベルをめざさなきゃダメだ」という謎の思い込みがなくなってから出会うことが大事だった。特に何かを作るということにかんして、こだわりというか、素人でいたくないという、まったくもってよくわからないプライドが昔はあって、その頃だったら、こんな楽しくできなかったろうし、そもそも仕事にもしないでプロにもならないなら何のためにやるのだと、習い始めてもいなかったろう。

いまの相方もそうだけど、亡くなった夫はそれ以上にクリエイティブな人で、いつも新しい何かを考えてはそれを形にしていた。絵本や工作、言葉、Tシャツなんでもかんでも、仕事でもプライベートでもいつも何かを作っていた(そしてそのセンスは抜群によかった)。

当時から、わたしにも何かを作るのが好きという要素はあったのだけど、いかんせん絵心はなく、写真は好きだがどこにでもカメラを持っていくほどの情熱は維持できず、料理はするが気晴らしになるというほど好きとは言えず、裁縫は嫌いではないがやっぱり億劫で滅多にせず、切り絵というのは好きな世界観だと思って本まで買ったけど結局やらず、ぜーんぶ中途半端であったが、初めて、「これは好きだし、のめり込めるかも!」というものに出会えたような興奮が続いている。きっと亡くなった夫も喜んでいる、いやむしろ彼がそう仕掛けたんじゃないかとふと思うことがあって、それもうれしい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: