03.19.2020

このコロナ騒動で、SNSで発信する内容に、その人がめちゃくちゃ出るなぁと個人的にはすごく興味深く見ていて、そのことについて文章にまとめたいなぁと思っていたのだが、どうまとめてもなんか誰かを非難しているように読める気がして、そうでないようにするとお前だれだっていう説教臭い文章になってしまい、自分の気持ちは言葉に整理できないまんまふわふわとわたしの中にあった。しかし、そのわたしの感覚を、古賀史健さんはとんでもなく昇華した文章にしていた。しかも「わたしをあらわすコンテンツ。」というすばらしいコピー(タイトル)で。この書き方は、たぶん誰も嫌な思いをさせない。なんならくすりと笑わせる。説教臭くもない、だけど、なんか襟元正そうぜっていう気持ちにもなる。ああ、久しぶりに悔しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中