今日のつぶやき

友人が以前してくれた気功の先生の話をときどき思い出す。

その気功の先生は常々、「自分が意識していないものは存在しない」と話しているらしい。それで、友人は、「では、自分が月を見ておらず、月を意識していないときは、月は存在しないということですか?」と質問した。

すると先生は少しだけ考えてから答えた。「はい、あなたが月を意識していないときは、月は存在していません」。

コロナパンデミックについても、いま全米各地で起こっている暴動についてもニュースにチャンネルを合わせれば画面の向こうの世界は確かにひどいことになっているのだけど、わたしのいまこの目の前に広がる世界は、平和で美しく、いつもとなんら変わらない。

現実を受け入れろ。事実をよく見ろ。

きっとそれは大事なんだろうけど、現実も事実も受け入れたり見たりするにあたっては、自分の意識を通すしかない。そこに「自分」が介在するからにはその現実や事実は、万人にとっての現実や事実であるとはとても言えない。

数字だけは確かな共通項かもしれない。でも、3を多いと感じる人と少ないと感じる人がいて、その数字をどう受け取るか、見るかは、やっぱり人によって違ってしまうものだと思う。すると、その3という数字の意味することがそれぞれ違ってくるから、一概に数字だけは確かだとも言えない気がする。

何かのドラマで聞いた「会わなくなった人は死んだも同じ」という言葉もよく思い出す言葉のひとつ。冷たいわけじゃなくて、要するに、自分の手の届かない、いまの自分の世界にはないことにエネルギーを使うよりも、まずは自分、そして自分の目の前にあるものに丁寧に取り組むことが大事ということなのだと思う。

わたしの場合、だいたい「なんかしらんけど疲れた」と感じるときは、たいてい、そういう、自分でどうしようもないことに影響を受け過ぎていたり、なんとかしようと力を注ぎ過ぎていたりするときだ。いま大変な目にあっている人を見ると、実際に助けを求められたわけじゃなく、その人たちと知り合いでもないのに、いましわせなわたしは何かしてあげられないかと思ってしまうのだが、それは傲慢というか、わたしの仕事じゃないんだろう。わたしにできることはいまのこのしあわせな世界をどれだけ維持して広げていくか、なんじゃないか。

広げていけばそこに誰かを招き入れることができるかもしれない、できないかもしれない。でも、やっぱり自分はあくまでも自分ということを突き詰めていくことがなんかしらの世界への貢献になるんだと思ってやるしかないという結論に至るのだった。

いつも体に置き換えて考える。肝臓は肝臓の仕事をする。心臓は心臓の仕事をする。それぞれのパーツが他のパーツのことに手出し口出しすることなく、しっかり自分の仕事をしてこそ全体の調和が成り立つのであるぞ、と。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: