News / Thoughts Category

9.17.2019

細かな説明は省くけれど、印刷日程が1週間しか違わない2つの特集の編集をそれぞれ担当していて、当然、特集以外の連載担当もあるし、予定外に差し込まれる作業もあるし、いろいろなことの判断を細々迫られるしで、てんやわんやな9月である。 仕事が休みの週末は週末で、ありがたいことに来客や会合(まあ主にサーフィン系の)の予定がてんこもりで、うら若き私であったらこなせなかったスケジュールだろうなぁと今日しみじみ思った。 一般的に言えば40代になった今は20代30代の頃より体力が落ちているのだろうけれど、活動量はあの頃よりずっと多い(自分比)。あえて分析するとしたら、これは体力云々の話ではなくて、出来事に振り回される生き方から、出来事を主体的に選び受け入れる生き方に変えたからだと思う。 30代までの私は、まさか自分が出来事に振り回されて生きているという自覚は全くなかったんだけどね。でも、振り返ると振り回されていたから疲れていたのだとよくわかる。振り回されるというのは、要は他人軸であったということ。 主体性という言葉は知っていて、わかっているつもりだったけど、あの頃の私はやっぱりわかっていなかったんだ思う。主体的に生きていなかったから、対峙する人に合わせて無意識に自分を変えていたし、それゆえにどこに行っても何をしてもすぐ疲れていたのだ。亡くなった夫だけが、その生きづらさをわかってくれる、私の唯一の理解者と感じていた。 自分は主体的に人生を生きていなかった、ということに気づいたのは夫を亡くしてからだ。主体的に生きるということはどういうことか教えてくれたのは人や本、出来事などいろいろあるので、とてもひとつに絞れないけれど、一番は『7つの習慣』かもしれない。「重要でない緊急のこと」に追われて「緊急でないけど重要なこと」を後回しにしているということもこの本を読んで気付いた。 なんか、まとめがないのだけど、原稿を書きまくって脳ミソが疲弊していたので思いついたことを書いてみた。とにかく、自分でいうのもなんだけど、夫を亡くし、アメリカに来てからのここ5年の自分の人間的成長ぶりに、自分が本当に感動している。あの頃の私の唯一の理解者だった夫は今の私になんと声をかけてくれるであろう。「よくやったね」と言ってくれると思うことにする。

Read More

9.11.2019

前回の投稿で「興味を持とうとする」ことと、「興味を持つと決める」ことは、似ているようで実は全然違って、現実がまったく変わるという話を書いた。これと似たようなことだけど、よく言う「心の持ちよう」ということのからくりがようやくわかった気がする。 たとえば、今日、わたしは正直ありがた迷惑な出来事に遭遇した。これまではそういうとき、「向こうは好意でやっているのだから、迷惑などと思わなずにありがたく受け取らなきゃ」と思おうとしていた。でも、それって自分の中で矛盾がある。というのも、とてもありがたいと思えないのが正直なところなのに、ありがたいと思おうとするので。だから、ひどく疲れるし、結局、ありがたいと思えない自分をどこかで責めていることになる。 だけど、最近は「ありがた迷惑だわ」という気持ちはいったん受け入れる。そのうえで、「ありがた迷惑きわまりないけど、それをありがたく受け取ろうと決める」。そうすると、「そもそもありがたくないことを、ありがたく受け取ろうとする自分、まじえらい」みたいな気持ちが湧き出る。いままでと似ているようで違う。自己肯定になる。だから、ありがたくない気持ちは同じなのに、疲れない。 ありがたくない気持ちを「ありがたく思わなきゃ」と変えようとするのと、ありがたくない気持ちだけど、「ありがたく受け取ろうと決める」のは、言葉にするとちょっとした差なのに、自分のエネルギー状態にかなり差が出るのだ。 エネルギーがいい状態って、愛とか感謝が湧き出ている状態のことと思いがちで、まあ実際無理なくそういう状態になれば最高だけど、そうなれたらもう神の域で人間をやる必要もないだろう。我々、人間が日常生活の中でいいエネルギー状態であるというのは自己矛盾がないと状態と考えていいように思う。心と言動が一致していること。言い換えれば自分の中にバトルがないこと。で、自分の中でバトルが起こるのは大抵の場合、自己否定なのだ。自分の中に湧き出てきた思いを自分が認めないとき。 わたしは自己肯定感は高くはないけれど、そこまで低くもないと思っていたが、知らないうちに自分を責めていたことは結構あるんだなぁといまさら気づく。いろいろ実践ワークをしてきたのが形になってきたのか、それとも年齢がある程度いくと図々しくなれるのか、よくわからないけど、わたしは20代より30代より、40代の自分が一番風通しよく、楽しく生きられているなとしみじみ思う。

Read More

9.8.2019

元上司であり、その後もスポットセッションやセミナーなどを受けてお世話になっているライフコーチ、上野ハジメさんの「会話力の磨き方」というオンライン講座がすごくよくて、突然、視界が数倍に広がったみたいな変化を実感している。 講座の内容は会話のテクニックというより、もっとその前の段階のマインドセットの話。自己啓発系、スピリチュアル系の本なり講座なりになじみのあるわたしには「知っている」ような話ではあったのだけど、その知っていることをどう実践にしていくかが説かれていたので、とにかく実践してみたら数日で本当に人との付き合いがドラスティックに変わったというか、世界の見え方が全然違って、しつこいけどびっくりだ。 わたしはこれまで、興味のない人、興味のない会話について、「興味あるふり」をしようとしていた。いや、違うな、「興味を持とうとしよう」としていた。でも、この講座を聞いて、気づいた。「興味を持つ」と「決める」んだ、と。 「興味を持とうとする」と決めることと、「興味を持つ」と決めること、言葉尻は似ているけど、全然違う。「前提」が違うから、展開される現実も違うのだ。このことについては「川尻先生!ホリスティックヘルスって何ですか?」の川尻先生もよく言っている。しあわせだと思おうと決めるのではなく、しあわせだと決めてしまうのが先なのだ。 「興味を持つ」と決めて望むと、不思議だけど、本当に興味が出てきて、何も考えなくても質問が次から次に出てくる。当然、興味があるものだから、どんな回答も興味深いので、話が楽しく、自分もどんどん乗ってくる。おかげで「興味を持とうとしよう」なんて気遣いなんてしなくても会話はどんどん深まる。 そうして聞き出した話の中には、「このようなプロジェクトを回すときは、こんなふうに人に頼んで、このように資金を集めればいいのか」というような、自分が今後やりたいと思っているようなことに対しての基礎知識がいっぱい詰まっていることにも気づいた。 自分はこれまで、こんな宝の宝庫をみすみす逃していたのかぁと、本当に目が醒める思い。しつこいけど、そもそも興味あって聞いて無理をしていないので気疲れもまったくしない。 40年以上生きてようやくつくづく思うけれど、自分が「性格」と思い込んでいるものの大半は変えられるんじゃないかな。変えたいと思えば、だけど。いやぁ、人は何歳になっても変われるもんだ。いや、もしかしたら、本当の自分がどんどん出てきているだけかもしれないね。「なりたい」と思う自分は、もしかしたらより本当の自分に近いとも言えるのかもしれない。

Read More

9.4.2019

誕生日の夜、普通に仕事を終えて、一人でLAまで車を走らせた。そもそも運転がそう好きじゃない(と思い込んでいる)わたしが、LAでも比較的慣れているサウスベイエリアではなく、ウエストLAまで一人で行くというのは自分としては大冒険であった。しかし、めったに会えない夫の親友が撮影でLA入りしていて知人たちと飲むから来ないかと声をかけてくれたので、会いたい気持ちが勝った。たまたま、翌日にLAで取材が入っていたことも後押しとなった。前泊(しかも翌日の取材時間まで半休も)すれば取材も楽だと。 夕暮れの海沿いのフリーウェイを走るのは、想像していたよりずっとずっと楽しかった。サンディエゴにはダウンタウンにしかなさそうなオシャレなダイナーで飲み食いするのも楽しかった。久しぶりに聞く日本の業界話も楽しかったし、古くから友人である、青春を共にして信頼があるらこその遠慮ない男同士の会話を聞けたのも楽しかった。 かつて憧れていた人たちは、いまはいい意味で全然憧れではなくなっていた。わたしはその人たちの職業や生み出した作品、やっていることより、その人たちの考え方や生き方に興味を持つようになっている自分に気づいた。 ホテルで一人で過ごす時間も至福であった。購入していたのに聞けていなかったオンライン講座を聞く時間も作れた。そして、わたしは職業や生み出した作品、やっていることが何かというのではない部分において、つまりは人格的な部分において「こうありたい」わたしが明確にあるんだということも再確認した。 それで、わたしの新しい1年のテーマは、コンフォートゾーンを抜ける(拡大する)ことだと決めた。外側のやることなすことはとりあえず置いといて、内側から変わりたい。もちろん「常に心に聞いて心の声を自分で選ぶ」を大事にするので、無理はしないけれど、1年くらいそれ(コンフォートゾーンを抜ける)に集中する年があっても面白いだろう(ちなみに、会社の仕事の徹底的にコミットすると決めた年があって、その年はヘロヘロであったが、ちょうどその期間が終わる頃に相方と出会った)。 45歳、わたしはまだ見えぬ(新しい)わたしを引き出してみよう。

Read More

9.3.2019

誕生日の明け方に見た夢は、夫が死んでしまう夢だった。 厳密に言うと「じつは彼はひん死の状態でずっと生きていたのに、わたしは夫は死んだと思って放っておいたために、一人で死なせてしまった」という夢。彼が亡くなってから数年間はしばらくこのパターンの夢を見たが、今回は久しぶりだった。誕生日にその夢を見るとは何のメッセージか。 じつは今夜、カリフォルニアに仕事で来ているという夫の親友と会うのだが、そのために脳内で眠っていた何かが刺激されたのかもしれない。映画監督とかフォトグラファーとか、かつてのわたしの交友関係にはいっぱいいた“クリエイティブ”職の人たち。仲間でいられることがうれしかった憧れた人たち。いまの自分はその人たちと会話して何を感じるのだろう。 同じように夫を亡くした親友が、「これまでと同じものでは埋められない」と言っていて、その通りだなぁ、と改めて夫を亡くしてからの自分の7年強を振り返って思った。夫を思い出させるようなことから逃げて逃げて逃げて、地理的な意味でも、仕事や日常的に付き合う人といった意味でも新天地を探した7年。 でも、気がついた。「同じもので埋められない」というのは、じつは亡くなった人から離れているような言動に見えて、まだまだ近くにいるということでもあったんだ、と。「同じもの」というのは「その人がいたときと同じもの」ということであって、つまり基準はやっぱり「その人がいたとき」だから、その人なしでは成立しない。だから、ちょっと違った形とはいえ、夫の影響はずっとずっとわたしの人生にあったんだと。 彼の影響が、わたしの人生からなくなることはないと思うけれど、逃げ続けた7年から精神的な意味で脱皮するときなのかもしれないなぁと、朝の夢を分析してみる。わたしは、逃げ続けて見つけた場所で、根を張るんだ、と。 最初はただ逃げているうちに辿り着いたあたたかい場所だったかもしれないけれど、ここで根を張ると決めたのは逃げたいからじゃないのだ。自分がそうしたいと決めたんだ。

Read More