Welcome to my weblog!

ライター、Satoko(FAY)のウェブログにご訪問ありがとうございます!
(こちらにまとめているのは個人の活動で、所属する組織とは関係がありませんこと、ご了承くださいませ)

書けない、が、楽しい

古賀史健さんの『取材・執筆・推敲』を読破して以来、息抜きのためにただ文章を書き散らかすことができなくなっている。 これまで、特にブログやSNSに関しては、まるで息をするように、もしくは排泄をするように、自分にとってはものすごく自然な行為として書いてきた。だから、書けない、とか、書くことがない、などと思ったことはあまりなかった。自分の内側で起こっていることが激しいときは、それを言葉という形にするまで時間がかかって遅筆もしくは寡作になることはあったが、最近の書けない感じはそれとは違う。 ブログのような個人的な文章のみならず、仕事で書く原稿も、いちいち『取材・執筆・推敲』で書かれていたことを考えてしまい、マシーンようにさらさら書けちゃう、ということが激減している。速筆が自慢だったのになんということだ。

ここまでくるのに20年かかった

LAに暮らしている女友達と二人でパームスプリングスに一泊二日の旅に出かけた。パームスプリングスは南北でいえばロサンゼルスとサンディエゴの間にあるので現地集合、現地解散。片道だいたい2時間くらいなので、一人の運転もつらいことはない(4時間を超えると一人はつらい)。 旅の目的は、Desert Xという、この時期だけ行われている現代美術の壮大な展示プロジェクトを見に行くため。砂漠の街を舞台に展示される作品群を、鑑賞者は車で移動して見て回る。今年は例年に比べて展示作品が少ないそうで一泊で全てを見ることができたが、例年はそうもいかないくらい広範囲に展示がなされるらしい。それでも、わたしには十二分に楽しかった。 Desert Xの面白いのは、展示場所が砂漠の町のどこかということ。とりわけ、砂漠の中に作られたインスタレーションを見るにあたっては、背景にある広大な自然と、アートという人間の創作物、その両方の組み合わせの妙についても感じずにはいらない。 その組み合わせまで含めて、いや、それを体験してわたしが何を感じるかまでを含めてアート。書いてしまうと当たり前のことなんだけど、今回はそこがわたしに一番ヒットしたポイントであった。

裸足族のはなし

3月から連載コラム「カリフォルニアの風」を寄稿させていただいているウェブマガジン、Stay Saltyの5月号がアップされました。 わたしは今回から、文章のほかに、CREATEというコーナーで写真も掲載させてもらっています。それぞれのリンクを以下に記載いたしますね。 Stay Salty Stay Salty カリフォルニアの風 by Fay Satoko Stay Salty CREATE by Fay Satoko わたしは、自分がカリフォルニアに暮らすようになるずっと前から、「海外に住む日本人」を訪ねていくようなテレビ番組が大好きでした。Stay Saltyは世界のさまざまなところで暮らす日本人の方が主に寄稿していて(自分も含み)、読むたびに、自分の日常とはちょっと違う世界にふわりとやさしくやわらかく連れて行ってもらえるところがとても好きです。 今回はわたしは、「裸足族」について書きました。

Loading…

Something went wrong. Please refresh the page and/or try again.

About Me

Hi, I’m Fay. A Japanese writer and magazine editor since 1999(!). This blog is for sharing my thoughts and some works mostly in Japanese (some in English) . For more detail in Japanese, click here.

Subscribe to My Blog

Get new content delivered directly to your inbox.