2022年、2回目の満月に

今年も1カ月と半分がすぎて、昨年までは口約束だったプロジェクトも具体的に動き出してきました。おかげで視界がだいぶクリアになってきたので、中間報告みたいな気持ちでこれを書いています。

今年からフリーランスとして働いていますが、とにかくいっぱい仕事を取ってきて幅広くやるというよりは、自分がやりたいと思っている3つのプロジェクトにコミットして取り組もうという気持ちが固まってきました。少なくともこの1年は。

その3つとは、動作学と、女性性、そしてCBDオイルです。

いずれも、私がやるというよりは、とってもいいことをやっている&提唱しているすばらしい方達がいて、それを必要な人たちにつなぐ、ということが私のできることであり、やりたいことです。

ここで言う「つなぐ」とは、物理的に紹介するというより、単に情報を届けるということなのですが、「情報発信」って言ってしまうと「教える」「教わる」という上下関係が発生してしまう気がして、私は好んで「つなぐ」を使っています。

あることを必要としているのに知らない人がいて、知っていて持っているのに必要な人に伝えられていない人がいて、その間をつなぐ、という感じ。

で、つなぐ、ということを主軸に考えたとき、何も文字にして世の中に出すだけがつなぐ手段ではないよねってなって、いま、音声ラジオの編集や、動画の撮影編集、SNSなどのコンテンツ制作にまで自分の仕事の領域が広がっていて、これがなんだかすごく楽しいです。

一昔前ならそれなりの知識と技術がないとできなかったことが、ここ10年ほどの技術革新で、一般の人がごく普通にできることになっているということに驚きつつ、感激もしています。

ちょっと前の私なら(仕事でプロの方といっぱい関わってきたので)、「とはいえ、私は動画や音声編集のプロではないし…」と素人の仕上げたものを世に出すことに抵抗がありましたが、それもすっかりなくなりました。

さて、冒頭の3つに話を戻すと、その3つは、いずれも「私が知りたかった」ことで、「知ったことでよりハッピーにヘルシーになれた」ものごとです。自分が本当にいいと思ったものだけちゃんと伝えたい、というのはこの仕事についた当初からの私の夢でしたが、そうもいかないということばかりを学んできたキャリア前半・中半で、途中から、「なんでそうもいかないんだろう」という疑問さえなくなってしまった時期もありました。

すったもんだ、自分の中でのジャーニーがあり、そして社会の進化、技術の革新があり、気づけばいま、マスメディアに頼らなくても伝えられる手段があり、かつそれで食べていけるという世界にいる、ということが、本当に本当にうれしいです。

noteで動作学マガジンがスタートしました

かねてから私が熱中している「動作学」という学問について、わかりやすく読み物にしたマガジン「動作学というレンズを通して」をnoteでスタートしました。こちらからトップページに飛べます。

また、Twitterのアカウントも開設しました(こちら)。

それらのポータルとなるウェブサイトも作成中です。

動作学って名前はなんだかピンとこない人が多いと思うのですが、生き方の知恵になる、めちゃくちゃ面白い&役立つ学問なので、もっと一般的に広まるといいな。

そして私自身、まだ勉強中でもあるので、このマガジンを執筆することで、さらに知識と理解を深めていけたらと思っています。

日本時間の毎週月曜日に更新予定ですので、noteのアカウントがある方は、フォローしていただけるとうれしいです(Twitterも!)^^/

「罪悪感なく食べられる手作りスイーツレシピ」

アメリカ西海岸の日本語情報誌、ライトハウス(LA版)の2/1号が発行されました。

第1特集「罪悪感なく食べられる手作りスイーツレシピ」の編集を担当させていただきました。

ライトハウス のフルタイム社員編集者として携わった最後の特集です。

ウェブバージョン(こちら)はどこからでもご覧いただけますので、もしよかったらご活用ください。

さて、フリーランスになってもうすぐ1カ月。

おかげさまで思ったより忙しく、充実しています。

時代でしょうか、ライターとして文章を書くだけでなく、いろんなメディアを駆使する必要が出てきて、新たに学ぶことが多そうですが、それもまた楽しみ。

肩書きやラベリングにこだわらず、軽やかに変化していきたいなぁと思っています。

2022年からのこと

昨日、12月28日が仕事納めでした。今年の仕事納めは私にはちょっとした感慨のあるものでした。というのも、私はこれまで務めていた現地の日系情報誌の編集長の職を、今年いっぱいをもって辞することにしたからです。

入社は2014年。編集長を任せてもらったのは2015年。

私は大学を卒業したあと(正確には在学中から)ずっと出版もしくは広告の世界でライターをしてきましたが、会社に勤めていたのは外資系広告代理店でコピーライターをやらせていただいていた数年だけでした。だから、あしかけ8年近くも社員として同じ会社にいるのは自分史上初。しかも、この会社の仕事を通して学ばせてもらったことは8年分以上の密度があったと感じています。感謝。

2022年からも、会社の編集スタッフとして仕事をさせてもらうのですが、週に2日程度のパートタイム勤務という立場で、担当業務はぐっと減らしていただきました。できた時間で何をしたいかというと、フリーランスのライターです。

はい、そう、渡米前の形に結局また戻ってきました。

フリーランスのライターに戻って何がしたいかというと、やっぱりこれも日本にいた時と同じで、心と体のつながりといったソマティックなジャンルだったり、ホリスティックなセラピーだったり、ウェルネスやウェルビーイングだったりといった分野を専門として活動していきたいと考えています。

川尻先生と動作学のことを書いていくなど、いくつか動き出す予定のプロジェクトがあるので、まずはそれをがんばりたい。この8年、本当に忙しかったので現在企画が持ち上がっているプロジェクトに携わるだけでは時間を持て余しそうな気もしていますが、そのぶんは自分を見つめて心身をケアする時間にあてて、2022年は私という土台をきちんと豊かにする一年にしたいなと思っています。

また、再びフリーランスライターになることを機に、ウェルネス、ウェルビーイングなどをコンセプトとした個人メディア「Earth’n Us」も立ち上げました。

こういったサイト(メディア)はそこらじゅうにありますし、さすがにメジャーなサイトに育てたいと思っているわけではないのですが、とにかく私の手元にはその手の情報が集まってくるし、自身の体験を通して学んだこともたくさんあるので、それをアウトプットする場を作りたいというのがサイト開設の第一の目的です。

今はまだ私のコラム的な投稿しかないのですが、ご紹介したい療法を行っている専門家をたくさん知っているので、そういう方達に取材させていただいて、記事にしていきたいなと思っています。

そういう記事やコンテンツ制作を、もちろん今後はメジャーな媒体でもしていきたいのですが、従来のメジャーな媒体ってたいてい広告収入に依存していて、広告主への配慮というのを多分に求められるので、そういうのを気にせず、取材相手や私本人が本当に伝えたいことを書けるという点で個人サイトがほしかったのでした。

自分のところに集まった情報や自身の体験は、自分にとっては真新しくなく感じますが、実際には知らない人もたくさんいて、伝えることで役に立ててもらえることがある、ということに気づけたのは、このWordpressのブログでみなさんがコメントをくださったことがきっかけでした。この場をかりて感謝申し上げます。このWordlpressは、ライターの私としての活動などお知らせ事項をメインに書いていく場にしていく予定ですが、それでもなんだろう、ホームはここ、みたいな気持ちで、ここに書く時が一番正直で自分丸出しの自分でいます。読んでくださっているみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。

最後に、エッセイを書くマッスルも2022年は鍛えたいなと思って、その手の文章についてはnoteでチャレンジしています。エッセイもがんばろうと思うようになったのは、今年、Webマガジン、StaySaltyで連載コラムを依頼いただいたことがきっかけです。振り返れば今年は地味ながら大きな動きがたくさんあった年でした。

これまで、書くことなら寝ていてもできる(嘘ですけど)というくらい、苦なく文章を垂れ流してきたのですが、エッセイってブログや取材記事とは使う筋力が違うんですね。筋力は使わないと衰えてしまうので、ちょっと本腰入れて書いてみようという中年のあがきです。

というようなことを2022年はやっていきます。

この年齢でフリーランスのライターに戻るのだから、書くということ、伝えるということ、ことば・文章というものに今一度本気で向き合ってみようというフレッシュな心持ちで迎える年の瀬です。

来年以降もさまざまな形で、引き続きお付き合いいただけたら、とってもうれしいです。

どうぞよいお年を!

Stay Salty #19 出ています

なんだか、ばったばったとしているうちに、もう年末になってしまった!

「カリフォルニアの風」というコラムを連載させていただいているウェブマガジン、Stay Saltyの12月号がアップされているのですが、そのお知らせをうっかり失念しておりました。

Stay Salty #19トップページへ

「カリフォルニアの風」トップページはこちら

Stay Saltyは英語版もあります。基本、提出した原稿を自動翻訳ソフトで英語にしてくださる仕組みなのですが、過去何回かはがんばって英語の原稿も私から提出していました。が、さすがに手が回らなくて、今回からまた自動翻訳ソフトでお願いしています。

私はわりとなんでもかんでも自分でやりたがる癖があるのですが、優先順位をつけて、諦められるところは諦めていかないとにっちもさっちもいかないな、と思っている最近です。