Archives

9.27.2019

夫がまだ病気でなく、我々は結婚していなく、もっと言えば距離を置いていた頃の話。 気乗りしなかったのだけど、彼はけっこう強引なところがあったし、当時のわたしは流されがちに生きていたので、彼に誘われるまま、ビールを買って、駒沢公園に行ってハンモックを設置して、ピクニックした。今ぐらいの季節のことだったと思う。 その時、わたしは某コーヒーショップチェーンのクリスマスキャンペーンのキャッチコピーに頭を悩ませていた。いちから考えるコピーではなくて、米国本社で決まったキャッチコピーを日本版にするというもの。ただ英語を日本語に翻訳するのでは味気なくてさまにならないということでコピーライターのわたしが呼ばれたのだ。 こういう仕事はアダプテーション、もしくはローカライゼーションと呼ばれていた。クリエイティブ(デザイン)は米国本社が決めたものを使うから、いかにも翻訳したふうではない、けれどもデザインの中にバチリとはまる日本語を探すという、普通のコピーライティングとはまた違うスキルが必要な仕事だ。 与えられた期限が迫っていた。それこそ寝る間も惜しんで何案も何案も出したけれど、どれもピンとこなくて焦っていた。彼にピクニックに誘われたときも、そんなことするよりコピーを考えたいんだよな、そもそもこの人は人の都合を聞かずに連れ出すような強引なところがあるんだよ、などと心の中は不満たらたらであった。 さすがにわたしの機嫌があまりよくないことに気づいた彼にどうしたのかと聞かれたので、コピーが思い浮かばないのだと答えた。そして、こういうテーマでもともとの英文コピーはこれでと説明した。そしたら、彼が1分もしないうちに、「○○○○○っていうのはどう?」とアイデアを出した。ああああああ、それだ。 次の瞬間、わたしがしたこと、それは大泣き。わたしが何日かけても出てこなかった案をさらりと出されたことが悔しかった。しかも、その案を聞いたとき、これは絶対採用されるとわかった、それくらい完成度が高かった。彼は長らくわたしのコピーを見るコピーディレクターであったのだが、独立してフリーになっても彼なしではコピーライターとしてはイマイチである自分に苛立って泣けた。 ふてくされたわたしは、もうあなたからは独立して自由になりたいのだと彼に言った気がする。そもそもコピーを考えてほしいなんて頼んでないのに勝手に考えたり、そうやっていつもわたしの上に乗っかってくるのが嫌なのだ、と。ただ、その後、実際にまた会わなくなったのか、ただのケンカでまたすぐに会ったのか、そのあたりのことはあんまり覚えていない。なにせ、我々は本当にくっついたり離れたりで、腐れ縁とはこのこと、というような関係だったので。 そのコピーはもちろん採用されて、その年のクリスマスシーズンはなんだかちょっとほろ苦かった。 ぬくもりを、つなごう。というのが、そのコピーであった。調べたら12年も前のことであった。 ーーー ところで、亡くなった夫の終末期のことや、自宅で看取ったこと、その後の自分のグリーフケアなどについてはひとつのテーマとしてブログにしていくことに決めました。「30代で夫を亡くした話」。 これまでは詳細に書く気にはあまりなれなかったのですが昨日突然、がぜん記録として残して公開したいという気持ちになったのでその衝動に従ってみた。これまでは夫はかっこつけだったから、自分の最後はさらされたくないだろうなという気持ちがちょっとあったけど、彼は亡くなるときまで彼らしくかっこよく、死に様は生き様だということを見せてくれたのに、それを隠したほうがいいと思っているのもまた自分の思い込みだったかもな、などと。 ちなみに、今回の投稿、世にも暗いバラの写真は、夫が亡くなった日に、まさかその日が最後になると思っていなかったときに携帯で撮ったものです。

Read More