タグ別アーカイブ: スピリチュアル

パートナーは自分だった!

久しぶりのプチ・パッカーン。

いきなり余談だけど、パッカーンというのは、急に自分のこととして腑に落ちた気づきのことで、よく心屋さんのブログで使われている言葉だ。

けれど、じつは今から15年近く前に、わたしの親友が使った言葉でもある。

オーストラリアにワーホリ(いまは結婚してオーストラリアで暮らしている)に行って、自分がどれだけいろんなものにとらわれていたかに気づいた彼女は、「パッカーン」って脳ミソが開いた、というような表現をした(動作付き)。それが面白くて、しばらく「(脳ミソ)パッカーン」は我々のトレンドワードだった。今や市民権を得ているが、わたしはいまもこの言葉のコピーライトは親友Kにあると思っている(笑)。

閑話休題。

わたしの相方は世間的にいい会社に務めるサラリーマンだが、長髪に髭、よい大学も出ておらず現地採用で、いわゆるエリートとか出世街道からはほど遠い。

わたしはそれで(いやむしろそれが)いいと思っているのだけど、彼はわたしや誰かと話すときにいちいち「世間的にはこっちがかっこいいとされるかもしれないけれど、俺はこっちが好きで」という言い方をするのが気になっていた。

なんなら、ときどき、苛立ってもいた。

「世間的にはこっちがいいのかもしれないけれど」。本当に自分の好きな方がいいと思っていたら、この一言は余計だ。それでも付けずにいられないのは、本人のコンプレックスとか、内面的な何かの反映だろう。そう読んでいたので、苛立ちを本人にぶつけることはなかったけど。

しかし、今朝、パッカーンときた。

相方がやっていることは、わたしがが自分でやっていることと一緒じゃん!

わたしの場合、宇宙の法則や意識の使い方といった「自分の中の真実」に準じて生きる選択をするとき、いちいち「今の一般常識とは違うかもしれないけれど、わたしはあえて違うほうを選ぶ」と言い訳のような言い方をせずにいられない。

わたしはわたし、それでいい、と本当に思っていたら、言い訳はいらないのに、せずにいられない。

なんで、言い訳がいるんだろう? 自分に訊ねると答えはすぐ返ってきた。

いや、あれは言い訳ではなくて、自分は(いまの段階では)つい世間の価値観や他人の意見に流されがちになるから、何度も言うことで自分を鼓舞しているのだ、と。

つまり、自分は自分の真実を本当に信じていて、それでいいと本当に思っているけれど、現時点ではまだ自分軸が弱くて他人に何か言われたらすぐにめげちゃうから、自分の本当を生きるために、毎度、自分(と周囲)に宣誓しているのだ。

そしたら、急に、自分も、相方も、かわいく思えた。わたしも、彼も、一所懸命、自分を生きようとしている仲間じゃん、と。

いつか、そう遠くない未来に、いちいち宣言しなくても自分を生きる選択をしつつづけることができるようになりたい。いや、なろう。

直感を信頼するってこういうことか

本田健さんのブログで、「直観力を高めるには」という質問に対しての回答が面白かった。

直観力を高めるには?

要約すると、本田さんは直観力が高いわけではなく、また高めようとしてきたわけでもなくて、単に直感で選択する生き方をしている、ということ。

AとBの選択があったとして、Aを選ぼうと、Bを選ぼうと、どっちであれ全力を尽くせば結果は出るもので、どちらを選んだのが正しい、間違いだというのはないから、本田さんはただ直感で選んだほうを全力でやる、ということを続けているだけだと。

この「全力でやる」が鍵だってようやくわかった。たとえば、Aを直感で選んで、なにか困難に遭遇したとき、「Aという選択が違ったのか?」と考えて「やっぱりBだったかなぁ」と試行錯誤してしまいそうだけど、とりあえずAを選んだんだからAをやりきってみればいいのだ。

本田さんも書いているように、「迷い」がエネルギーも時間も消耗していることがかなり多いのだ。直感で生きる生き方は、その迷いに使うエネルギーと時間が節約される、ということ。

そして、直感を信頼するということは、自分の直感は信じられるかどうかということではなくて、「そう直感で思って決めたから信じてやる」という自分の選択ってことですね。

気分の変え方

相方と暮らしているが、彼が「今日は遅くなるから夜ごはんはいらない」という日はちょっとしたパラダイスである。料理しなくていい! 自分の好きなものを遠慮なく食べられる! したいこと気兼ねなくできる!

面白いのだけど、これがサマータイム以前だと、ここまでパラダイス感はなかった。というのも、冬は会社から帰る時刻にはもう暗く、家ももちろん真っ暗で静かで、一人相方の帰りを待つ時間は、自由と同時にひとりぼっちという孤独も感じて、どことなく心細かったのだ。

しかし、今は夏時間だ。外は8時くらいまで明るい。同じ状況でも、外が明るいとパラダイスになり、外が暗いと孤独を感じるんだから、我ながら面白いなぁ。

気分ってそんな感じで、意外と単純なもので、自分の内側を覗き込んで対峙するより、外側の助けを借りる方が手っ取り早いことが往々にしてある。

仕事でも、プライベートでも、うじうじと考えてしまって結論が出せない…そういうときは、日光に当たるとか、睡眠をよく取るとか、栄養の質が高いものを食べるとか、そういうことを見直してみるようにしている。

外側を変えたらすぐ悩みになっていた状況が解消されるかといえば、そうでもないのだけど、そもそも悩む必要はなかったということがすとんとわかったりするんだよね。

海とトイレ

朝、海に行ってから出社した日は、しばらくの間、かなりトイレが近くなる。

きっと冷えるからだと思っていたのだけど、先日、「海に入った後、ビーチのシャワーを浴びるだけで出社している」ということを同僚に告げたら驚かれて「わたしは海に入ったまま放っておくとすぐに膀胱炎のようになっちゃうから無理だわ」と言われ、はたと気がついた。

もしかして、海上がりにトイレが近いのは、残ったままの雑菌を排出するためなんじゃないか。

とまあ、これを書いたところで答えがあるわけではないのだけど、可能性としてはなくはない。

何にせよ、体は「常に」「必ず」、「体にとって最善の適応」をしているということだろう。たとえ、それが一見すると、望まないような症状だとしても。

体と妄想で会話するということをよくやるんだけど、この間、海上がりに会話していたら、「わたしたち(わたしの細胞)は、あなたのためだけに物質化されたものだから、一生あなたのためだけに働くし、あなたのために働くことが目的だし、喜び」と返ってきて、感謝の気持ちが溢れて泣いちゃった。

端から見たらかなりヤバい人です。たは。

でも、確かに、体って、細胞って、全部がわたしのためのオーダーメイドって言える。わたしのために生きている細胞たち。恩返しに、細胞が喜ぶようなことを、わたしもやって生きていこう。笑おう。

楽を選ぶことと、逃げること

自分の感覚(と感情)に敏感になって、気分の悪くなるほうではなく、気分が良くなるほうを選択し続けなさい、と「引き寄せの法則」でエイブラハムは言う。

一方で、何か心地の悪さを感じるときはこれまで慣れ親しんだコンフォートゾーンを抜けるときで、逃げずにチャレンジすることで人間的に成長する、と脳科学や心理学では言われる。

さて、今、心地の悪さを感じているとして、それは前者なのか後者なのかわからないというのが長らくわたしの問題であった。

心地悪いことより気分が良くなることを選べばいい?

でも、気分が楽になることを選ぶことは成長の機会から逃げることにならないか?

これについては、お世話になっている治療家、川尻先生の回答が明快で役立った。

基準は、今は気が重かったり、心地悪く感じたとしても、それに挑戦した後の自分を想像したときに、ときときめくか、どうかだと。

これを聞いて、すとんと腹に落ちた。

たとえば、わたしにとって車の運転がそうであった。

免許こそ取っていたものの、運転は苦手。でも、夫が亡くなった後、夫のお父さんに言われて練習を始めた。

当時は正直、気が重かったけれど、車でどこでも行けるような女の人というのはどこかで憧れでもあった。

そのときは、アメリカに暮らす予定はなかったけれど、その後、車社会のアメリカで暮らすことになって、あのとき、心地悪いあの練習をちゃんとやっておいて本当によかったと思う。

改めて考えれば、エイブラハムもちゃんと言っているのだ。

瞬間瞬間の心地良さを選ぶことが大事だけど、それよりもまず皆さんにしてもらいたいことは自分がほしいもの、つまりめざす自分を決めることだ、と。

パーキングの神様

最近、わたしにはパーキングの神様がついている。

誰もが頭を悩ませる駐車激戦区でも必ずわたしのために駐車スポットをあけてくれる神様。

それも、目指すお店のすぐ前とか、縦列駐車が得意でないわたしでもストレスなく入れられる場所とか、全ての希望を満たした駐車スポットをあけてくれる。

裏話をすると、じつはある時、自分(と相方)に暗示をかけたのだ。「駐車場があくと信じたら絶対あく」という暗示。そしたら本当にびっくりするくらいのタイミングで、びっくりするようないい場所があいた。

おかげで、ちょっと本気を出して信じることができるようになり、信じるほどますます「駐車場運」が上がるという好循環が続いている。

今では、もはや自分たちの駐車運の良さを疑っていない。この状況を我々は「パーキングの神様がついている」と言っている。

以前なら「パーキングが大変そうだから諦めよう」と言っていたような場所でさえ、「我々にはパーキングの神様がいるから大丈夫」と出かけるようになった。そして、実際、パーキングはあく。

もしかしたら、これまでは1分ぐるぐるしただけで諦めていたところを3分粘るようになったからあくようになっただけかもしれない。「あそこはさすがにあいていないだろう」と最初から探しもしなかったような場所まで目が向くようになったから見つかるようになっただけかもしれない。

でも、それもこれも、「絶対あくと信じる」と「決めた」からだ。

これまでだって3分粘っていたらあいたかもしれない。激混みの場所にも目を向けていたら見つけられていたかもしれない。でも、信じると決めなかったらその行動はしなかったと思う。

まず、「信じる」と「決めた」ことが違いを生んだのだ。

裏を返すと、駐車場が見つからなかったときは、無意識だったけど、「駐車場はあいていないもの」っていうことを「信じて」「決めて」いたと言える。

そんな風に、無意識のうちに信じて決めてしまっているものって結構あるから、そういうのを細かく細かく見つけていって、ひとつひとつを自分がハッピーになれる内容に意識的に決め直すとどんどん軌道修正されて日々にしあわせが増える。

まだまだ自分に問い続けようと思う。いつのまにか信じて決めている、自分をしあわせにしないこと、他にないかな?

しあわせを選択すると決める

糸井重里さんがほぼ日の「今日のダーリン」で「がんばる」「がんばれ」ということについて書いていた。

「がんばる」や「がんばれ」を意味でとらえると、重圧を感じて、できれば言われたくない場合もある。

でも、多くの人は、「がんばれ」ってそこまで意味を考えないで言っている。たとえば応援している気持ちを表したいのに他にうまい言葉がないときとか。ということは、つまり、「わぁわぁ」とか「うぉうっ」という叫びみたいなもので、言葉そのものにはたいして意味がない。

そう考えれば気にすることはないし、むしろその歓声を励みに力を出せることもあって、ありがたくも感じるというような内容だ。

糸井さん自身は「がんばってください」という言葉をうれしくないと感じていた時代もあったが、だんだんと「ありがたいことだ」と「感じ方」を変えたらしい。

そう、結局、全ては自分の「感じ方」、なんですよね。

そもそも、同じ言葉でも、人によってどういう意味で使っているかはまちまちなのだ。

だから、わたしたちは普段、「自分だったらどういう意味で使うか」で解釈している。でも、そうと気づかないことが多いから、「なんでこんなときに『がんばれ』って言うんだろう。全然わかっていない。ひどい」なんて反応をしたりする。

これって、原因はその言った相手にありそうだけど、よく考えたら完全な独り相撲です。一見、相手が言ったことに反応しているけれど、結果的にはその人が言ったことを自分がどう解釈するかによって反応しているだけだから。

だから、人の言った言葉でいつまでも悩んだり、嫌な気分でいるのは時間がもったいない。それよりもとっとと自分の感じ方を変えてしまおう。

…と、こういうようなことは、ヨガの本やカウンセリングの本にはよく書かれていた。だからやっているつもりだった。そして、どんどん心に平安がやってくる…はずだった。なのに、ときどき自分の内側から大反乱が起きた。反乱というのは、なんにもやる気のしない日が数日やってくるとか、疲労感で起き上がれない、とか。

…じつはやり方が違ったんだと気づいたのはここ数年だ。

これまでは誰かに何かを言われて嫌と感じた場合、その嫌と感じた気持ちを嫌じゃないと思おうとしていた。

いまはわかる。嫌なことを言われても、自分が心地よいと感じる捉え方を選べばいいって。

「嫌なことを言われても嫌じゃないと思おうとする」と「嫌なことを言われても自分が心地よいと感じる捉え方を選ぶ」は、似ているようで、ちょっと違う。

前者は、上書き。後者は、別の選択。

嫌と感じたことは否定しない。でも、嫌だ嫌だと言っていても自分が楽しくないから、どう捉えたら気分がマシになるか自分に問うてみる。問うてみたら出てきた答えで気分がいい考え方を選ぶ。

たとえば「あの人は単に疲れていて気が立っていただけかもしれない」とかね。

わたしの中には嫌と感じている部分があることは受け入れている。それはそれ。でも、もう一つ嫌な気分がマシになる捉え方を見つけて、そっちを選ぶ。同じ意識の中に、嫌な気持ちを感じる捉え方も、ちょとマシに感じられる捉え方も、いつも同時に存在していて、自分がどっちを選んでいるかだけ。つまり、どっちに焦点を当てているかだけの違い。

これができるようになったら、ちょっとしたことに動じることが少なくなって、おかげで無駄に疲れることがなくなった。自分の気持ちを押し殺して上書きしないから、反乱のようなことが起きることも激減した。

今は時間という概念もそれと似たような感覚で捉えている。今がAで、次の瞬間がBになったとしても、Aは消えて過去になったわけではなく、今はA、次の今はBという風に、AもBもいつも存在していて、自分が今、どっちを選んでいるかで違うだけなのだと。

それが事実として「正しい」のかは、わからない。ただ、わたしはそう捉えると楽しいので、そう考えることに決めた、というだけ。そして、きっと全ての瞬間がそれでいいと思っている。「そう捉えると楽しいからそっちを選ぶと決める」、その瞬間の繰り返し。