Archives

卒業

夢に井上先生が出てきた。小学校のときの音楽の先生。たしか大学を卒業して先生になったばかりの新米先生だったと記憶している。透き通るような白い肌と茶色がかった瞳、肩まで伸びる髪も少し茶色くて、幼い私には外国の人みたいに見えた。 井上先生と特に強い絆があったわけではないので、なぜ夢に出てきたかは謎である。夢の中で、わたしは何かの卒業を前にした査定面談に望んでいて、その面談の相手が井上先生だったのだ。先生は現実にはもう60代だと思うが、夢の中では40代ということになっていた。 井上先生は面談にアフリカンアメリカンの少女を連れてきていた。わたしの言動が自暴自棄になっていたその少女をインスパイアして、彼女が将来やりたい仕事を決めて、勉強する目的を見出すきっかけになったことを井上先生は高く評価してくれていて、その少女がわたしに直接お礼が言いたいというので連れてきたということだった。 少女が感謝を述べたので、わたしは「わたしとあなたの両方がよろこべることをしたまでである」というようなことを返した。その後、少女が退席し、井上先生と2人になった。 査定の内容の詳細は忘れてしまったが、概ねいい評価で、「よくがんばりました。卒業おめでとう」と言ってもらえた。 それから先生は、言った。「じつは、わたしも卒業するの。やっと赤ちゃんができたの」。 人生それぞれ、余計なお世話だったから言わなかったけれど、わたしは、若くて美しくすてきな井上先生がいつまでも結婚せず子どもも作らずにいるのはもったいないとどこかで思っていたので、その妊娠を本当に心からよろこんだ。そして目が覚めた。 起きたら、3年くらい前に思いついたことで、やってみたくて関係者に連絡を取ってみたけれど、そのときは可能性が低いと保留された案件について、「もしあのときと気持ちが変わっていなければお願いしたいことがあるかも」という連絡が来ていた。 そのことについて、諦めたつもりはないけれど、具体的に動くことは一切していなかった。けれど、知らないうちに、わたしは何かを卒業して、そのことをはじめる準備をちゃんとしていたのかもしれない、と思った。そう考えると、ほんと、毎日、目の前のことを楽しく全力でやる、それでいいのだろうなと改めて思うのだった。

Read More

夢の記録

亡くなった夫の誕生日が近い。それと関係あるのかないのか、亡夫の夢を見た。 亡くなった直後は彼はほとんど夢に出てこず、ようやく出てきてくれるようになったかと思うと亡くなる直前の痩せた姿だったりした(もちろんそうじゃないときもあった)。あるいは、わたしは夫のいない生活をしていたけれど、実は彼は病院に閉じ込められっぱなしになっていて、わたしが忘れていただけと気づく、ちょっとした悪夢。 3、4年経つと元気な姿を見ることが増えたが、その場合、夢の中でわたしは「亡くなった彼が今何らかの事情で戻ってきている」と認識していて、「彼がそのことに気づいて消えてしまわないように」と気をつけていることが多くて全力で無邪気に彼と会っていることは少なかった。 まあ、たまたま、そういう夢ばかり記憶に残っている可能性もあるけれど。 今回見たのはこんな夢。 わたしは温泉宿にいるようで、早朝、一人で露天風呂を楽しんでいた。けれど、合宿できているらしい大学生っぽい団体がどかどかやってきて(混浴!)、落ち着かなくなったので露天風呂の奥の方へと移動した。 そこの風呂には中心に人の輪ができていて、何だろうと思ったら、うずしおのうずのようなものがあって、人々がそこで遊んでいるのだった。 そして、そのとき、うずしおの中心で遊んでいたのは、亡くなった夫と、彼の息子(前妻との間)であった。 予期せぬ再会がうれしくて、声をかけたかったのだが、うずまきの周りには他にも人がいて、周りが気になって大声が出せない。亡夫と息子くんはうずしおに夢中で、人の輪の一番外側にいるわたしに気づくはずもない。 ようやく勇気を出して声を出してみたのだが、なんとわたしの口から飛び出したのは息子くんの方の名前。しかも、本名でしっかり呼ばず、なんとなく勝手に略してニックネームにしてた。 何やっているんだ、私…もちろん、その声は人のざわめきにかき消されて夫には届かなかった、というところで目が覚めた。 彼は黄色いTシャツを着ていた(温泉なのに洋服を着ているという不思議は夢だからしょうがない)。その黄色いTシャツは、わたしと知り合った頃からいつも着ていたものだけど、彼が亡くなって、彼の古い友だちが見せてくれた写真の中でも同じTシャツを着ていたことに驚いた。大学生のときから愛用していたみたい。なんという物持ちの良さ。 結局、声は届かず、会話はできなかったのだけど、黒く焼けた顔に黄色のTシャツ、そしてうずしおではしゃいでいる笑顔を見られて、うれしかった。 あまりにうれしかったので、目が覚めた後、もう一回会えないかと思って二度寝したくらい。 二度寝ではわたしは彼の居場所をPCを駆使して探している夢を見た。 夢でも夫に会えるのはうれしくて、こうして記録を残しておきたくなる。わたしはきっとずっと彼のことが好き。

Read More