タグ別アーカイブ: 英会話

10.21.2019

日英・英日の翻訳ができるアメリカ人の方をインタビューした。日本語ができるので印刷前の原稿の確認もお願いしたのだが、指摘されることがいちいち「へぇ、そこが気になるのか」というもので、なかなか面白かった。

指摘されたのは数カ所で、すべて要点は同じ。具体的に言うと、「このような書き方だと、誤解されることはないですか?」というもの。

日本人のわたしにしてみたら、「言外」に「暗黙の了解」として認識されるから誤解される心配はないと思えることなのだが、確かにより正確にするためにもっと言葉を締めることはできる。それで、改めて、日本語というのは、言葉にしない部分に共通の理解があること前提で書かれる、非常に曖昧な言語なんだなぁということを思い知らされた。

どっちが良い悪いではないのだけど、日本人が英語を話そうとするとき、この曖昧さがネックになる。そもそも会話をするときに、その曖昧さをクリアにしようとする発想がない。だから、日本語で言いたいことをそのまんま英語に転換するとおかしなことになる。

「髪、切った?」を「Did you cut hair?」と言っちゃうのはその代表的なものと思う。日本人にとっては「髪、切った?」の言葉で、「誰か」が「あなたの」髪を「切ってくれた(受動)?」だと理解できる。が、英語ではそのまんま、「あなたが」(誰かの)髪を「切った(能動)?」という質問になるし、前述の文のままでは「誰の」髪を切ったかが明確ではない。インタビューした人に指摘されたのはこの手の類いのことで、いやー、本当に興味深く、勉強になりました。

別件で取材した英語の先生は、日本人に対しては、まず日常から、主語・述語を明確にするクセをつけてもらうと言っていた。頭の中の意識がそのようになっていなかったらなかなか英語は話せないというのはとても納得のいく話だ。

翻訳といえば、ほぼ日で掲載されている、村上春樹さんの小説を20年間翻訳し続けているメッテさんのインタビュー「言葉に橋を架ける人」もおもしろい。

「完璧な文章などというものは存在しない」とはよく言ったもので、わたしは村上春樹さんの文章と世界に魅了された一人であった。彼の文章はいわゆる日本文学っぽくないところがあって、そこに引かれた部分もあるのかもしれないな、などとアメリカに暮らしてみて思う自分がいる。若くて、生きづらかったわたしは、村上春樹小説の登場人物が生きるような世界なら自分でいられるような気がしていたんじゃないかな。若くなくなったいま、結構いろんなところで自分を出せるようになって、逃げる場所がそんなに必要なくなった。小説をあまり読まなくなってしまったのはそれと関係しているかもしれない。

良くいえば生きやすくなったし、悪くいえば感性の繊細さは失ってしまったと言えるかもしれない。年を重ねるというのは、そういうことなんだろう。と、これが件のインタビューした人であれば「そういうこと」はどこを指すか、日本人なら皆わかりますか?と突っ込まれそうだ。わからないかもしれないけど、いいんです、ここは曖昧で、その人の思う言葉を入れてもらえれば、というわけにはいかないのだ。ほんと、おもしろい。

10.4.2019

まだ読んでいないので安易なことは書けないのだけど、わたしが日々サーフィンと筋トレと英会話学習と犬の教育に余念のないことをGoogleやAmazon.co.jpはよくご存知で、この度、「ハーバード式英語学習法」という本を推薦してきてので、まんまと乗せられて買ってしまった。というのも、そこに書かれていた「書けない英語は話せない」という謳い文句がまさに自分の思うポイントだったからである。

いきなり話は飛ぶけど、これサーフィンも同じ。サーフィンの動きを陸でトレーニングする「陸連」って、はたからみたら恥ずかしい動きだから、バカにしがちだけど、安定した陸の上でできない動きを、不安定なサーフボードの上でやれるわけがないのです。件の謳い文句に言い換えるなら「陸でできない動きはサーフボード上でできない」。

で、英語学習に話を戻すと、英会話の上達をめざすときにまず考えつくのがリスニングとスピーキングのスキルを磨くことなんだけど、リスニングとスピーキングができるようになっても英会話はじつは上達しないということにあるとき気づく。

というのは、英会話のつまづきポイントってスキルだけじゃなくて、もっとそもそもの部分にあったりするからだ。そもそもの部分とは何かというと、「話したいこと(もしくは話すこと)がない」というもの。話したいことがないんだから会話を膨らませようがないのだ。本の謳い文句にあった「書けない英語は話せない」というのは、ライティングの能力がないといけないという意味ではなくて、書き出せるくらい頭の中で整理されていないものは口に出てくるわけがないということだと理解して、腑に落ちたのだ。

「そもそも日本語でだっておしゃべり得意じゃないし、仕方ない」とそこで止まるのもまた本人の選択。ただ、わたしは夫を亡くしてからというもの、残りの人生は自分の持っているかもしれない能力を可能な限り引っ張りだして生きるのだととんでもなく鼻息荒く生きているので、「そもそも日本語でだっておしゃべり得意じゃないし、仕方ない」では終えたくない。その壁を超えた自分を見たい。そこで、この間受けたのが英語に限らない会話力の講座なんだけど(こちら)、これは本当にブレイクスルーであった。話したいことがなければ聞けばいいっていう(笑)。

それで、聞くことが心から楽しくなって会話が好きになったところで、はたと、いやいや、わたしだって話したいことを持っているじゃないか、と思い至った。それまでは自分が人の話に興味なかったから、誰も自分の個人的な話に興味なんかないっていう前提でいたらしい。話したいことがないわけじゃないけど、人に面白いと思ってもらえるような内容ではないから話すことがないと思っていただけだった。でも、人の話はなんでも楽しく感じるようになった今、自分のどんな話だって相手にとって面白い部分はあると思えるようになった。前提が変わるというのはまさにこのこと。

でも、この境地にはいきなりは辿り着けなくて、まずは人の話を聞いてみるという段階が必要だったんですね。わたしの場合は。最近、毎日、脱皮しているような気分。新しい自分がぺろんぺろんと出てきて楽しい。

英会話力を劇的に向上させた勉強法

中学校でも高校でも英語は好きな科目のひとつであったが、わたしの現在の英語力の基礎はアメリカの大学の日本校に通ったときに鍛えられたと思っている。

大学では授業が全部英語だったので(アメリカの大学だから当然なのだが)、特に読み書きのスキルに関してはこのときの貯蓄がいまもわたしをかなり救ってくれている。

けれど、多くの日本人がそうであるように、会話になると、急に逃げ腰。英語ネイティブ同士でべらべらと喋られると言っていることがわからないときもあるし、わかったとしても、いざ会話に加わろうとすると本当に言いたいことの半分も表現できない。がんばって話しても通じないとめげるし、速く喋れないので聞いている相手ももどかしいのではないかと不安になり、さらに逃げ腰になるという悪循環。

このような状況から脱出しようと決意したのが約1年前。そこで取り組み始めたのがフォニックスなんだけど、これ、知れば知るほど「なんで日本の英語の授業で教えてくれなかったの〜!」と思うことがいっぱい。逆に言えば、目から鱗のことがたくさんあるのだ。

フォニックスを知ったいまは思う。アルファベットを見て、カタカナ読みに変換している限り、英語力(特に会話力)は頭打ちになるだろう、と。

自分の発音という点では、別に日本語訛りのままでも問題ないというか、訛りをなくすことはまず不可能と思っていて、それでいいのだけど、フォニックスで音を理解するようになると、ネイティブの発音がわかるようになるのがすごい。つまりリスニング力が上がるのだ。

で、フォニックスから入っていくうちに、ネイティブの会話が聞き取れないのは速いばかりじゃなくて、省略していたり、音が消えたり、変化したりしていたり、独特のイントネーションがあったりするからだということもよくわかった。

たとえば「Water」。アメリカ英語の場合はそもそも「t」がちょっと「d」っぽく発音されているって、理屈で説明されたらすんなりわかって、理屈がわかったから通じるようになった。これまで、一所懸命「t」と発音しようとしていたから通じにくかったとは…。

そんな感じで、会話においては一語一語を一所懸命に発音しようとするほうが通じにくく、逆に単語ひとつひとつは適当でも、音の省略や変化、イントネーション、アクセントに気をつけたほうがよほど通じることがわかって、「なんで学校で教えてくれなかったんだ〜」となったわけである。

耳から入る人、感覚的な人は自然とこれをやっているのだろうけれど、わたしは感覚より頭で理解するほうが楽しく、また効果も出やすいタイプのようだ。

サーフィンもそうで、体で感じたことをいちいち理屈に落としこむのが好き。そうすると「たまたまできた」ではなく、意識して再現できるようになるのが楽しいのだ。

フォニックスに関しては、わたしが好んで視聴しているのは『あいうえおフォニックス』のYouTube。基本アメリカ英語を主軸にしていて、日本人が間違いやすいところや苦手意識を持っている箇所を上手に取り上げてくれているのがいいし、何よりほのぼのしていて、「勉強しなければ」というような重たさが全くないのもいい。フォニックス以上の内容があるのもいい。

おかげで、いまは前ほど会話が嫌でなくなった。他にも実践して効果を感じている方法はいくつかあるので、それはまたの機会に。

学習とか練習は、それ自体が目的になっちゃうと面白くなくて続かないけれど、学習や練習をしたその先に「こういう自分になる」というイメージが明確にあると続くものですね。

なお、タイトルの「劇的に向上」は、あくまで「自分比」、ですので、「エラそうに言うな」って責めないでね。